mag2year_free_0000246262.png
『アメリカ本場仕込みのホームパーティー洋菓子レシピ』(ID:0000246262) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

ドゥルセ・デ・レチェ入りパウンドケーキのレシピ


ドゥルセ・デ・レチェ入りパウンドケーキ

ドゥルセ・デ・レチェ入りパウンドケーキ(スライス)

普通のパウンドケーキだとありきたりですが、今日の
レシピは、生地に練乳とドゥルセ・デ・レチェを練り
込んでいるので、ほぼケーキの部類です。

でも食べてみると、そんなにしつこくない甘さでした。
これもアメリカのケーキに慣れて感覚がマヒしている
からでしょうか?

ブランチにしてもいいなと思い、生クリームと果物を
添えてみました。もし、ドゥルセ・デ・レチェが手に
入らなければ、キャラメルソースを代用してもいいと
思います。(やや、コクに欠けるとは思いますが)

ここで両者の違いに少し触れておくと、キャラメル
ソースというのは、砂糖を強火で熱してカラメル化
するときに、調理の最後の方で、クリームやミルク、
またバターなどを加えて作ります。

これに対して、ドゥルセ・デ・レチェは練乳を弱火で
長時間かけて煮詰めることで、カラメル色になります。

以前に、私の料理ブログの方で、「母の日クッキー」
なるものを紹介したことがあるのですが、これは、
ドゥルセ・デ・レチェを作ってフィリングにした、
ペルーのサンドイッチクッキーで、アルファホル
"Alfajores"と呼ばれるものでした。

ドゥルセ・デ・レチェは癖になりそうです♪


*直接英語の分量をお知りになりたい方は、
https://homepartydessertrecipe.blogspot.com


<ドゥルセ・デ・レチェ入りパウンドケーキ>

−材料−

・無塩バター(室温)・・・・・・225g
・グラニュー糖・・・・・・・・・100g
・練乳・・・・・・・・・・・・・200mL
・卵(室温)・・・・・・・・・・大3個
・バニラビーン・・・・・・・・・1本
・バニラエッセンス・・・・・・・小2
・小麦粉・・・・・・・・・・・・215g
・ベーキングパウダー・・・・・・小3/4
・海塩(微細)・・・・・・・・・小1/2
・ドゥルセ・デ・レチェ・・・・・300mL


−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*長さ22cm位のローフ型にオイルスプレーを振って、そこにパーチメントを敷いておく。
*スタンドミキサーのパドルで、バターと砂糖を中速で軽くなるまで、1〜2分回す。
*練乳を加えて混ぜる。
*卵を1個ずつ入れてよく混ぜ、ボウルの周りについた生地をゴムべらで落としながら混ぜていく。
*バニラビーンに縦に切り目を入れ、開いて種をこそぎ落とし、バニラエッセンスと一緒にボウルに混ぜる。
*周りの生地を落とした後、粉類を振るって加え、さっくり混ぜ合わせる。
*生地の半量を用意した型に入れたら、ドゥルセ・デ・レチェの3分の2量をのばし、残りの生地をかぶせる。
*上に残り3分の1量のドゥルセ・デ・レチェを入れて、細いナイフか箸などで、マーブル状になるように混ぜる。
*よく色づいて、爪楊枝を刺しても何も付いてこなくなるまで、70分ほど焼く。(20分経った時点で型の方向を変える。)
*網の上に型に入ったまま置いて、最低20分は冷ましてから、ナイフを周りに入れて型から外す。
(温かいままでも、室温にしてから食べても良い。)




★★★★★
posted by ソフィー at 00:21 | Comment(0) | ケーキのレシピ
.ad-middle { text-align:center; margin-top: -100px; margin-bottom: -50px; } .middle-label {text-align:center;}